【公共料金キャッシュレス】国民年金を「Pay-easy(ペイジー)」で支払う方法について

令和3年4月からの国民年金「前納(1年分一括支払)」「上期(6ヶ月分一括支払)」の納付期限は4月30日までです。

去年は信用金庫で一括で支払いに行きました。

今年は「Pay-easy(ペイジー)」という支払い方法で納付してみました。

目次

Pay-easy(ペイジー)とは?

「Pay-easy(ペイジー)」とはWikipediaでは以下のように紹介されています。

Pay-easy(ペイジー)は、インターネットバンキングや現金自動預け払い機(ATM)などの手段を用いて電子的に支払いを行うスキームのことである。ペイジーは日本マルチペイメントネットワーク運営機構が運営する決済サービスである。国内のほとんどの預金取扱金融機関が加盟しているが、大半のネット銀行は対応していない[1]。
当初、公共料金などの決済を想定して作られており、税金、電話料金、保険などの決済が可能である。

Wikipedia:Pay-easyより

つまりATMやインターネットバンキングで、公共料金などを決済できるサービスです。

銀行やコンビニ行って、お金を下ろして、また窓口で現金で支払うのが面倒なので、この「Pay-easy(ペイジー)」支払い方法があるのを知ったので、試してみる事にしました。

PayPay銀行でペイジー支払いしてみる

Wikipediaには『大半のネット銀行は対応していない』とありましたが、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)や楽天銀行などで、「Pay-easy(ペイジー)」を使うことができます。

私の持っているネット銀行では「住信SBIネット銀行」は取り扱いがありませんでした。

今回、国民年金を支払うに際して「PayPay銀行」にて「Pay-easy(ペイジー)」を利用しました。

まず、国民年金の通知書にある以下のペイジー番号を確認します。

あわせて読みたい
国民年金保険料の簡単な納付方法。ネットバンキングやATMから | Pay-easy(ペイジー) 国民年金保険料の簡単な納付方法、それはPay-easy。普段お使いのネットバンキングやATMから、国民年金保険料の納付ができます。国民年金のお支払いはペイジーで。

「PayPay銀行」にログインして「Pay-easy(ペイジー)」を選択します。

「PayPay銀行」ログイン画面

次に「収納機関番号」を入力して「進む」を選択します。

「PayPay銀行」ペイジー決済

納付番号」と「確認番号」を入力して「確認」を選択します。

「PayPay銀行」ペイジー決済

納付情報が合っているか確認します。

問題なければワンタイムパスワードを入力して、「払い込み」を選択します。

「PayPay銀行」ペイジー決済

「受付番号」が表示されれば完了です。

「PayPay銀行」ペイジー決済

とても簡単で便利な決済です。

対応している銀行口座があれば、特に「Pay-easy(ペイジー)」を使うために登録などは一切ありませんので、とても使いやすいです。

金融機関が「Pay-easy(ペイジー)」に対応している場合、利用してみて下さい。

今なら2021年4月1日~2021年7月2日まで、応募する事で1万円が100名、5000円が400名に当たるキャンペーンをやってますので、試す価値はあります。

あわせて読みたい
Pay-easy 1万円が100名様に 5千円が400名様に当たる! キャンペーン ペイジー(金融機関のATM・ネットバンキング支払い)で、1回500円(税込)以上ご利用ごとに、何度でも応募できます。 本キャンペーンは、期間中ペイジーを利用し応募された...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる