【2021年】「SWELL」で「Googleアドセンス」へのサイト申請

本ブログを開設し、WordPressテーマ「SWELL」を購入してサイト作りの土台を作りました。

今度はいよいよ「Googleアドセンス」への申請を行います。

私は既に「Googleアドセンス」を使っていますが、今回サイト申請する事になりました。

なぜもう一度申請するのか?そして「SWELL」のテーマではどのように申請用コードを設置するのか?

この点を解説したいと思います。

目次

Googleアドセンス審査

独自ドメインを取得する

「Googleアドセンス」の審査をするには、独自ドメインが必要になります。

2021年4月現在では、無料ブログによる申請はできません

独自の取得とブログなどのサイトを設置するためのウェブサーバーが必要になります。

記事を書く

審査には記事が必要です。

以前は審査はそれほど厳しくありませんでしたが、最近は厳しくなったという声が聞かれます。

ではその基準はどうなのでしょうか?

これは様々な意見がありますが、目安は5記事以上で、1記事が1000文字以上とも2000文字以上とも言われています。

結局の所、Googleが公式に細かな審査基準を公開していなければ、時代によって基準も変わっているので、はっきりした事はGoogleしか分からないかと思います。

しかし、そもそも「Googleアドセンス」とは何か?を考えれば、どんな記事を書けばいいか、おのずと見えてきます。

「Googleアドセンス」の広告は、そもそも広告主がお金を支払って出している配信広告です。

つまり、広告主の気持ちになれば、なるべく有益なサイトにて広告を掲載したいと考えると思います。

そうなると、その審査サイトがいかに有益であるか、見やすいか、オリジナリティがあるか、という点が重要視されるはずです。

そんな所を意識しながら、ブログの構築・記事の作成を進めれば良いかと思います。

プライバシーポリシーやお問い合わせ先の設置

プライバシーポリシーや問い合わせ先の設置は合格率をあげるという意見があります。

プライバシーポリシー

これらは設置がなくても合格している例もあるそうですが、年々審査の基準は厳格になってきており、現在ではこれらの設置はGoogleでも必須とされています。

あわせて読みたい
必須コンテンツ - Google AdSense ヘルプ Google 広告 Cookie Google は、Google のパートナー ウェブサイト(Google 広告を掲載するウェブサイトや Google の認定広告ネットワークに加盟するウェブサ

プライバシーポリシーを設置の上、「Cookieがユーザーの興味に応じた広告配信している事」「ユーザー自身でCookieを無効にできる事」を明記してあげる必要があります。

お問い合わせ先

サイト運営者への「お問い合わせ先」は、ブログコンテンツに問題がある場合などにも備えて、設置しておいた方が良いでしょう。

WordPress用のお問い合わせフォームプラグインや、Googleフォームを埋め込むなどで、お問い合わせ先の設置は可能です。

あるいはSNSを通じたアカウント先の掲載がある なお良いかと思います。

アドセンスに申請する[初めての場合]

準備ができたら「Googleアドセンス」にサイト申請を行います。

以下の申請サイトから審査するURLを入力します。

あわせて読みたい
Google AdSense With Google AdSense, you can earn money from your online content.
Googleアカウントを選択
GoogleAdSense|お申し込み

アドセンスに申請する[2回目以降、別ドメインを登録する場合]

なぜドメイン毎の審査が必要なのか?

「Googleアドセンス」は、2018年の10月29日よりドメイン毎の申請になりました。

別のドメインで広告配信をする場合、トップレベルドメイン毎の申請が必要になります。

サブドメインに関しては、申請は不要です。

ドメイン毎(トップレベル ドメイン)の審査が必要なケースの例
  • exsample.com
  • exsample.jp
サブドメインによる審査は不要
  • sub.exsample.com
  • sub1.exsample.jp
  • sub2.exsample.jp

「トップレベル ドメイン」ので審査が通れば、サブドメインでの審査は不要です

Google
Continuing to strengthen the quality of Google AdSense Over the last 15 years, AdSense has grown to support web publishers by connecting their audiences to advertisers, with the aim of keeping the web open and fundi...

申請サイト(ドメイン)の追加を行う

既に「Googleアドセンス」を別のドメインで実施している場合、アドセンスの画面から左メニュー「サイト」を選択して、右側の「サイトを追加」を選択します。

GoogleAdSense

サイトを追加する際に、トップレベルドメイン以外を指定するとエラーになりますので、トップレベルドメインを選んで「保存して次へ」を選択します。

ドップレベルドメインで指定しない場合はエラーになります
改めてトップレベルドメインで指定します

「AdSenseコード」が表示されますので、これをコピーします。

「AdSenseコード」をコピー

ブログに「AdSenseコード」を貼り付ける

<head>タグの間にコードを挿入

「AdSenseコード」はブログに貼り付けます。

貼り付ける箇所は『<head>タグと</head>タグの間』になります。

「SWELL」の場合、この位置にコードを差し込む事が管理画面から可能です。

WordPressの管理画面の左メニュー「外観」から「カスタマイズ」を選びます。

「外観」>「カスタマイズ」

次に「高度な設定」を選びます。

高度な設定

「headタグ終了直前に出力するコード直前」に「AdSenseコード」を挿入します。

挿入したら反映のため「公開」しましょう。

「SWELL」以外でも挿入する箇所は変わりません。

headタグ終了直前に出力するコード直前
SWELL
Googleアドセンスの貼り付け方【申請コード・広告ウィジェット・目次前広告・自動広告】 | WordPressテーマ... 申請時のAdSenseコードの挿入方法 アドセンス申請時には、headタグ内に申請用のコードを貼り付ける必要がありますよね。 アドセンス申請コード 上記のコードをコピーしてお...

実際に挿入されたか確認する

「AdSenseコード」を挿入したら、実際にブラウザで確認してみます。

その前に、キャッシュ系プラグインを入れている場合や、「SWELL」でキャッシュを利用している場合は、キャッシュをクリアしてから確認したほうが良いでしょう。

「Googleクローム」の場合、ページにアクセスして右クリックして「ページのソースを表示」を選択します。
 ※他のブラウザでも基本、右クリックしてソースを確認します

ページソース確認

headタグの終わりに「AdSenseコード」が挿入されているのを確認できるかと思います。

審査したい全てのブログ(サイト)にコードを挿入しておきます。

headタグ終わりに挿入を確認

審査をリクエストする

コードの挿入が終わったら、「審査をリクエスト」をクリックします。

審査をリクエスト

これでサイトの審査の申請は完了です。

審査まで数日から2週間ほどかかるようですが、実際には1日で終るケースもあれば1ヶ月以上かかるケースもあるようです。

審査申請完了

サブドメインでのサイトの申請をした場合は、「サブドメインを追加」からサブドメインも追加します。

サブドメインの追加
サブドメインの入力

サブドメインが追加すると、サブドメインが画面上に表示されます。

後は審査を待つだけです。

サブドメインの追加完了
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる